エンジニア採用コラム

ITエンジニアの採用のコツなどコラムでご紹介

京大院生の私がエンジニア逆求人に参加した理由

この記事を書いた人京都大学大学院生 紫藤さん

昨今では就活のための様々なイベント・サービスがありますが,それらの中から私が逆求人フェスティバルに参加したことは,総合して合理的な選択だったと思います.以下にその理由を述べていきます.


企業を比較する軸を作りやすい

私が就活をして感じたのは,企業に選ばれることが重要であることは言うまでもないが,選考を受ける企業を見極め,選択することもそれと同様に重要であるということです.

ITエンジニアの需要が高まっている昨今は特に,企業が学生を選ぶだけではなく,学生も企業をある程度選んでいます.多くの学生は自身の研究などやらなければならないこと・やりたいことが山のようにあるため,企業の説明を受けたり,選考を受けたりする時間と労力の消費は最小限にしたいはずです.とはいえ,自分は企業を選ぶ際に何が絶対必要なのか,何を優先したいのかを初めから分かっている学生は少ないと思います.

こういった企業選びの軸は,企業の情報を仕入れ,比較することからしか形成され得られないのではないでしょうか.ですから,就活生にとってはなるべく質の高い情報をなるべく効率よくなるべく多くの企業から得られるイベントが善になるわけですが,私のようにエンジニア職に就くことは決めていた者にとって逆求人フェスティバルはかなり良い選択だと思っています.私自身,逆求人フェスティバルに参加することで早いうちから自身の軸を形成することができ,その後の就活を効率的に行うことができました。

エンジニアの話を聞ける

採用選考においては人事部のマネージャーの方が面接をされるということが多いと思いますが,エンジニア志望の学生が企業を選ぶ場面においてはエンジニアの社員と話したいと考える学生が多いと思います.というのも,いわゆる説明会では業務内容や雰囲気を説明されても聞きたいことを聞けなかったり,特に専門的な話になると人事の方では答えられないようなことが多かったりするからです.企業側からの説明だけでエンジニア志望の学生が個々に本当に知りたいと思っていることを全て網羅するのは難しいでしょうから,学生にとって満足のいく説明にはならないのだと思います.

本来であれば企業が開催する業界・仕事研究系のイベントに参加したり(企業選びの段階でそこまで行動する学生はなかなかいないかもしれませんが),自らアポを取ってその機会を得る必要があるわけです.しかし学生の人数と企業側の人数が近い逆求人フェスティバルではその労力も必要なく,質の高い情報を一日で数社分得ることができるわけなので,単純にコストパフォーマンスが圧倒的にいいと感じました.さすがに自分で一日何社も話を聴きに行けるように調整するのは難しいですから.

地方の学生に優しい

エンジニア職志望の学生は全国の大学や専門学校に通っているわけですが,私のように首都圏外の学生は,首都圏の学校に通う学生と比べて就活に対して払う労力が大きくなってしまいます.イベントの知らせを受けとり、多少興味があっても東京で開催されるために,地方から参加するための時間と気力体力に負けて参加を見送ることも多いはずです.その点,逆求人フェスティバルは地方の学生に優しいです.東京での開催であっても,地方の学生にしっかり交通費が支給されるので,私は負担なく就活ができる上に東京旅行までできると思って参加しました.

思わぬ出会いがある

逆求人フェスティバルは我々学生と複数の企業が一対一で対話する機会になるわけですが,その中には,イベントでもなければ自分から能動的には接触しようと思わなかったであろう企業もいらっしゃるわけです.一対一で対話する中で思わぬ面白い企業を知ることができるという点も,逆求人フェスティバルのよいところではないでしょうか.

採りに来てもらえる

逆求人フェスティバルは参加されている企業の方の姿勢がかなり前のめりなのも学生にとってはありがたいところだと思います.数十分対面で話すことで企業の方も私の能力と興味をある程度わかってくださり,インターンや本選考の一部をその場で免除していただいたという事があったのも良い点だと思いました.学生と企業がお互いに効率的に就職活動・採用活動を行おうとする点は逆求人型イベントならではの良さなのではないかなと思います.

まとめ

逆求人フェスティバルは,就活の仕方として本当に私に合っていたと思います.費用・時間・効果,全てを総合して非常に合理的で効率のいい動きができました.就活は大事だとは思いますが,大手就活サイトのように何十社もエントリーして...というようなやりかたは,私にはどうも非効率でならないような気がします.情報系の学生はだいたい私と同じような考えをしていると思いますし,実際私の周りでも逆求人型のイベントはかなり人気が高く,情報収集や企業の方と繋がるためのツールとしてポピュラーになっており,支持されているように感じます.逆求人フェスティバルだけで就活が終わるわけではありませんが私自身に与えてくれた影響はどんな就活イベントよりも大きいと思います.

この記事を書いた人京都大学大学院生 紫藤さん

資料ダウンロードはこちら